【有馬温泉】銀の湯

銀の湯温泉

神戸市北区有馬町にある日本三古湯の一つ、有馬温泉の外湯「銀の湯」。

有馬温泉には金泉と呼ばれる茶褐色の濃い濁り湯の温泉と、銀泉と呼ばれる無色透明な温泉の二色のお湯があります。

この金泉と銀泉を楽しめる2軒の公衆浴場「金の湯」と「銀の湯」があります。

今回は「銀の湯」に行ってきました。

スポンサーリンク

入浴料

・大人            550円

・子供(6歳以上12歳未満) 290円

営業時間  午前9:00〜午後9:00(入館は午後8:30まで)

定休日  毎月第1・3火曜日

※金の湯、銀の湯 どちらも行くなら、ゆらりめぐり2館券が850円でお得!

泉質

炭酸泉/単純二酸化炭素冷鉱泉

ラジウム泉/単純放射能温泉

効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき

慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、痛風、慢性胆嚢炎

胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、火傷。

有馬温泉街では念仏寺(有馬温泉郷にある浄土宗の寺院)の鬼瓦を観光資源として活用する取り組みが進んでいるそうです。

銀の湯前の壁面はこのようになっています。

鬼瓦には厄除の役割があり、このようにあちらこちらに設置されています。

温泉で体を癒し、街を散策して厄除できて、一石二鳥ですね!

温泉
スポンサーリンク
シェアする
神戸のうまいもん